レンガ式焼却炉 レンガ式焼却炉製品ラインナップ 家庭用焼却炉 事業用焼却炉 消煙タイプ焼却炉

ATOトップ > レンガ式焼却炉

レンガ式焼却炉とは…

レンガ式焼却炉は、燃焼室は耐火煉瓦SK-34♯(耐熱温度1,300℃)、外側は赤レンガ(規格一等)の二重構造です。各レンガは全て職人によって一丁ずつ丁寧に積上げてあります。外装(投入口・灰出し扉・煙突など)はステンレスで構築されておりますので、耐久性はもちろん耐熱・耐腐性にも非常に優れた焼却炉です。投入扉は業界トップクラスのワイド設計、女性でも容易に開閉できる左右スライド式です。将来のメンテナンス時に簡単に交換できるよう主要部分は全てボルト組加工されております。

レンガ式焼却炉の特長

  • 築炉式焼却炉〈炉内耐火レンガ、外部赤レンガ〉のため、耐久性に優れています。
  • 耐火レンガを使用しているため、耐熱温度1,300℃までの高温にも耐えます。
  • 煙突、投入口、灰取口、その他各所にステンレス材を使用し、耐腐性に優れています。
  • 煙突の根本部分は、取りはずしができるためメンテナンスが簡単で、耐久性抜群です。

標準装備

レンガ式焼却炉は法規制を完全にクリアしています

届出不要

平成14年12月施行 新構造基準適合型焼却炉
平成12年1月施行 ダイオキシン類対策特別措置法 特定施設除外商品

規制のポイント

●環境省令第8号 平成14年12月1日施行

廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行規制の一部を改正する省令(廃棄物を焼却処理する焼却設備の構造)

  • 1.空気取入口及び煙突の先端以外に焼却設備内と外気とが接することなく、燃焼室において発生するガス(以下「燃焼ガス」という。)の温度が摂氏八百度以上の状態で、廃棄物を焼却できるものであること。
  • 2.燃焼に必要な量の空気の通風が行われるものであること。
  • 3.外気と遮断された状態で、定量ずつ廃棄物を燃焼室に投入することができるものであること(ガス化燃焼方式その他の構造上やむを得ないと認められる焼却設備の場合を除く)。
  • 4.燃焼室中の燃焼ガスの温度を測定するための装置が設けられていること。
  • 5.燃焼ガスの温度を保つために必要な助燃装置が設けられていること。

※太文字部分が今回新たに追加された項目

※ただし、県市町村により1行程1バッチ方式であれば、3つの装備は必要ない場合もありますのでお近くの保健所及環境課にご確認ください。

ページトップへもどる